在宅ワーク口コミ

職業訓練

在宅ワークでパソコンを使った仕事が多い
しかし、ワードやエクセルが使いこなせない

例えば、会社を辞めたのなら失業保険を貰いながら勉強する時間や
在宅ワークを調査する時間にするのです。

ハローワークで
職業訓練でスキルアップできる制度がありますよ

就職が有利に技術を習得して希望の会社へ
そんな場合は、公共職業訓練はいかかがですか

全国の職業訓練校や委託先の民間の専門学校が
離職者のほか就職を目指す既卒者を対象に授業を開く

大きな特徴は、
安くつくこと、場合によっては無料。

離職者向けの講座は求職申込みをしたハローワークから申し込むのが原則です。
06年度は17万人が受講

全日制で3−6ヶ月が中心でユニークな講座も用意
こういう制度を利用してパソコンの技術をつけたりして

在宅ワークの前に備える事も可能ですね
価格も安価なので見逃さないって感じです
タグ:職業訓練

在宅ワーク悪徳

在宅ワークの悪徳業者の傾向は、
お金を出させようとする行為または、

高額な教材や機器を買わせようとする行動
仕事内容に対して報酬が多いPRも用心が必要です。

国民健康保険・年金・失業保険

会社を辞めれば今まで掛けていた
健康保険や年金が失効します

継続して個人で掛けていかなくては
病気で病院にいけば100%請求や

年金なら将来減額もしくは年期不足で貰えない?
そんなことにならないように手を打たなければなりません

社会保険節約

ハローワークでの求人

ハローワークに行っても在宅ワークや内職のあっせんは
基本的に行われていません

しかし、在宅ワークの仕事が見つからず
就職する必要がある場合は、

ハローワークで見つけるのもひとつです。
ハローワークで職探しの方法は

求職登録
パソコンで求人検索
窓口で相談
企業の紹介状をもらう
企業で面接
就職 など

要チェックは、賃金。
金額に幅がある場合、低い金額が給料になる場合あり、

事前にもしくは、事後に
ハローワークで念のため相談しましょう

ハローワークで給料のことがわからないという事であれば
会社の面談のときに確認を!

このとき採用後でないと給料がはっきりしないという場合は
がっかりする給料の可能性が高い。他にも

小規模の会社なのに募集が多い場合も要注意。
例えば定着率が悪い場合など。。。このようなときにも

職員に相談しよう。はっきりは答えないかもしれませんが
職員の感じで察する事も可能かもしれません

定着率が悪いという事は何か問題がある
例えば労働時間が長いとかノルマが尋常でないなど

ハローワークの職員から情報を聞き出すもしくは
職員に不信なところは電話で会社に確認してもらいましょう

在宅ワークの稼ぎ方

在宅ワークでの稼ぎ方ですが
時給・日給・月給などどれでもいいのですが

いくら稼ぐ予定か決めることで
仕事内容も変わってきます

在宅ワークといっても様々種類があります。
簡単な内職から翻訳業などちょと特殊な仕事から

プログラム開発からSOHO事務所作る、
チャットレディーなど。。

例えば1ヶ月1,2万小遣い程度なら
パソコンでデータ入力など

月に50万円を稼ぐなら人に雇われるのではなく
自分で会社を興す必要があるでしょうし

作家になって夢を追いかけるのもいいでしょうし
在宅ワークでいくら必要か分析して

そこから自分でできるのか検討して
仕事を絞り込んでいきます

なんとなくではなかなかうまくいきませんよ
ただし才能や時間の問題もあるので

在宅でできる仕事を複合して考えるのも
いいと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。